セラミック銀歯か迷ったときは、どうしたら良いでしょうか?

銀歯保険が適用されますが、セラミックは保険がきかず自費治療になります。

銀歯

セラミック

銀歯とセラミックとプラスチック 比較模型

金額は、銀歯だと4,000円から7,000円前後
セラミックだと歯科医院によって値段設定が違いますが、つめもの5〜6万円前後かぶせもの8〜10万円前後だと思います。

銀歯外れることがありますが、なぜでしょうか?
お口の中にはいろいろなものが入ってきます。
食事やおやつを食べたり、飲み物を飲んだりすると、お口の中に熱いもの、冷たいもの、甘いもの、酸っぱいもの、辛いもの、しょっぱいもの、
とにかくいろいろな刺激が歯に伝わります。
このようないろいろな刺激により、金属である銀歯が錆びてしまうと、歯との間にすき間ができて接着剤がはがれてしまい、そのために外れてしまうのです。

セラミック表面はツルツルしていて、汚れが付きにくく、銀歯のように錆びることがないので、
適合が良い状態で接着されたセラミックは外れることがほとんどありません。
ただし接着するときに唾液が付いたり、適合が良くないと外れてしまう可能性があります。

経済的な負担が難しい場合は銀歯を選択することになりますが、
そうでなければ長い目でみればお口の中を清潔に保つことができるセラミックをお勧めします。
私自身や自分の家族には銀歯ではなくセラミックを入れます。

投稿者:加藤歯科医院 院長 加藤気白

当院での審美治療の詳細はこちら→