皆さんのお口の中には銀歯が入っているでしょうか?

 

 

日本では、アマルガムという、水銀を多く含み、

 

口腔内で蒸散放出されることで様々な健康被害につながっていく可能性がある金属が使用されていました。

 

アマルガムがお口の中にあると、食事などの刺激で水銀が放出されて、体内に吸収されていきます。

 

 

アマルガムはこの様な感じでくすんだ感じの色をしています。

 

また、パラジウム合金というものが、現在も保険適用材料として使用されています。
(パラジウムはヨーロッパでは人体に害があるということで使用が禁止されています)

 

パラジウムはアマルガムと比べると光っている感じに見えます。

歯との境目からさびてすき間ができて、むし歯になる可能性があります。

銀歯をはずすと中がむしばになっていました

銀歯は私たちの体にとって良いものでしょうか?

 

お口の中には毎日いろいろな食べ物や飲み物が入ってきます。熱いもの、冷たいもの、甘いもの、酸っぱいもの、
等々の刺激が常に銀歯に加わっています。

 

この様な環境の中で銀歯は少しづつさびていきます。そうすると銀歯と歯の間にすき間ができ、
そこからまた新たなむし歯ができる可能性が高まります。

 

「銀歯が外れたからつけて欲しい」と患者さんが歯科医院に来院されますが、

 

なぜ外れるかというと、

銀歯がさびて、歯との間にわずかなすき間ができて、それで外れてしまうのです。

 

外れた銀歯の内側をよく見てみると、ピカピカ光っているのではなく、さびているので黒い色をしていると思います。

 

ですから、外れた銀歯をつけ直しても、厳密にはわずかなすき間が残っている状態でついているので、

また何かの刺激があると外れてしまうということになってしまいます。

 

同じ金属でも、GOLD(金)はさびることがないので、お口の中でも安定した状態です。

 

昔はGOLD(金)を入れて欲しいと希望される患者さんがいらっしゃいましたが、

 

最近では見た目があまり良くないので、白くて目立たないものを希望される方が多くなりました。

自分の家族にする治療

私が自分の家族を治療するときには、銀歯は使用しません。汚れがつきにくく、さびることがない

セラミックを使用します。

 

むし歯が小さいときには、プラスチックの樹脂(レジン)を使用する場合もあります。

 

プラスチックのお皿と、陶器(セラミック)のお皿を比べると、どちらが汚れがつきにくいと思いますか?

 

プラスチックのお皿は使っていると段々汚れていきますが、陶器(セラミック)のお皿は

汚れも付きにくいですし、洗えばきれいな状態を保つことができます。

 

セラミックの修復物は、プラークなどの汚れがつきにくいので、お口の中を清潔に保ちやすくなります。

 

保険の範囲で治療して欲しいと患者さんが希望されれば、

銀歯かプラスチックの樹脂(レジン)を使うことになりますが、

 

お口の中を清潔に保つという事を考えると、セラミックを使った修復物が最適だと思いますし、

自分の家族にはそうします。