就職先としての歯科医院の選び方 – 教育体制

 

あなたが就職先としての歯科医院を選ぶ際に、どういう基準で選べば良いでしょうか?

 

まずはきちんとした教育体制があるかということだと思います。

また、きちんと指導できる先輩歯科衛生士がいるといいでしょう。

 

当院では現在私と歯科助手1名で診療していますので、先輩歯科衛生士は現在いません。

ですので私がちゃんと指導します。

 

新卒歯科衛生士さんの場合は、患者さんを実際に施術することは初めてになると思います。

 

まず最初は私が患者さん役になり、スケーリングをしてもらい、気付いた点をその都度伝えて、

少しずつ技術を高めてもらいます。

 

またいきなり患者さんを任せるということはしないで、

 

最初は私のアシスタントをしていただき、

いろいろと学んで、いろいろな状況に対応できるようポイントを伝えていきます。

 

そしてあなたの技術に応じて患者さんを少しずつみてもらうようにしていきます。

 

おおよその目安として3ヶ月くらい経って慣れてきたら、あなたに任せてやって頂こうと思っています。

 

中途採用歯科衛生士さんの場合も

 

まず最初は私が患者さん役になり、スケーリングをしてもらい、

どの程度できるかを判断して患者さんを診ていただきます。

 

拡大鏡の使用に関しては私がゆっくりと指導していきますので、どうぞご安心下さい。